美容外科看護師の仕事について理解しておきましょう!

最近注目の美容外科では看護師は何をするの?

最近、看護師の就職先として注目を集めているのが美容外科です。美容外科で働く看護師は増えてきており、また需要も多くなってきているのです。美容外科は美容専門の診療科であり、医療的な要素がやや薄めの職場となっています。
日勤常勤看護師の求人先、クリニック(医院)

医療的な要素というよりも、サービス業のような要素のほうが多くなっていると思います。看護師としての基本的な医療に関する知識はもちろん必要ではありますが、それと同じくらい大切なのが来院する人に満足してもらえるように接することです。

一般的な病院ですと、何人もの患者さんにつき看護師1人で対応するということが多くなります。しかし美容外科の場合は、何人もの患者さんを一度に相手するのではなくひとりひとり時間を割いて接していくことが多くなります。

ですので1人の方が多くの要求をしてくることもありますし、たくさんの相談をされることもあります。それら全てに耳を傾けていけるということが美容外科の看護師に求められることです。一般的な病院で働くだけではとても経験することの出来ないことを多く経験することが出来ます。

また、個人をより見ていくことになりますので患者さんとの関係もより深くなっていくでしょう。むしろ「患者」として受け入れるのではなくサロンなどのように「お客様」として受け入れる施設の方が美容外科は多いです。

ですので、看護師として接していくというよりもお店の店員として接していくような感じになっていくでしょう。ただ、そうなってしまうと看護師として自分を見失ってしまう人も出てきてしまいます。

その一方で医療要素の薄いところでも看護師として働ける場が増えてやりがいを感じるという人も多くいるようです。きっちり医療的な要素のある場所で働きたいという人には向いていない診療科ではありますが、それでも看護師は看護師であるということには変わりありません。

看護師としての業務はしっかりこなしていくことが大切なのは美容外科も同じです。美容外科で働きたいと思っているのならば サービス精神をしっかり持ったうえで転職に挑戦してみましょう。

助産師が病院で働くことのメリット・デメリット

就業する助産師のうち、8割以上の方が病院・診療所で働いています。そのなかでも圧倒的に多いのが病院への勤務です。 産婦人科所属として助産師が病院に勤める際のメリット、デメリットにはどうようなことが挙げられるでしょうか。

メリットとしては、やはり「スキルアップのしやすい環境、経験を積める環境」が最も大きいでしょう。一定レベル以上、もしくは最先端の医療設備が整った病院でしか受け入れられない、ハイリスクであったり、珍しい症例での出産に立ち会うことができます。知識面、経験面ともに学ぶことは多いでしょう。

一方で小規模な診療所や産院では、高度な医療行為が必要になるようなお産を扱うことはできないので、結局は病院で診てもらったり、場合によって転院しなければならないケースもあり、どうしても順調な経過のお産取り扱いのみに経験がとどまりがちです。

助産師自身の妊娠・出産時や、家族の介護が必要な時期などには、夜勤・残業のある病院でフルに働くことは難しくなります。

新人の方、若くて体力のある方などは、やはり一度は病院での業務を経験し、スキルを学んだうえで自分に合った職場かどうかを検討するのがおすすめです。同じ病院でも、国家公務員扱いとなる国立病院への勤務なら、年金・退職金・昇給率やボーナスも高めであり、より安定して長く働くことができます。

病院で働くデメリットとしては、「やりがいの度合い」「妊婦さんとの関係性」「人間関係の煩わしさ」が複雑に絡み合っています。

やりがいの問題では、病院では産科医が担当医として妊婦健診を行い、赤ちゃんを取り上げます。そのため助産師は、妊娠中に単発で面談を行ったり、陣痛や破水で入院して初めてその妊婦さんとの関わりを持ち、産前~産後の数日間だけのお付き合いとなるケースがほとんどです。

仕事のやりがいとしても、妊婦さんに関わることができる度合いにおいても、物足りなさを感じることがあるかもしれません。 助産院ならば、初めての来院から出産、産後まで、10ヶ月程度の期間、同じ妊婦さんに寄り添ってのサポートが可能であり、助産師としてのやりがいや妊婦さんとの絆も当然強くなります。

病院には、助産師の数よりも圧倒的に多くの看護師が勤務しています。規模によっては数十~百人以上の看護師を抱える病院もあり、女性が多いことも影響して、人間関係はより複雑になります。 業務とは関係のないところで気を遣うシーンが少なくなく、そのような人間関係に疲れてしまう場合もあります。

このようなメリット・デメリットを知ったうえで「やはり病院で働き続けたいけれど環境は変えたい」というときには、転職サイトをチェックして、希望の求人を探してみましょう。下記ではおすすめの転職サイトを紹介しています。

老人ホームで働く看護師の役割

老人ホームで働くスタッフというと、介護関係者を真っ先に 思い浮かべるかもしれませんね。 でも実際には看護師も働いているのです。 日本では高齢化がどんどん進行していますから、 老人ホームで働く看護師も求められているのです。

多くの看護師が老人ホームに就職や転職をしていますが、 老人ホームでの勤務実態が予想できず、 応募をためらっている人も多いのではないでしょうか。 ここでは老人ホームで働く看護師について述べてみたいと思います。

老人ホームには高齢者が入居していますから、看護師の仕事は 入居者の健康管理が主になります。 バイタルチェックなどを通じて体調の変化がないか気を配ったり、 薬を服用している入居者には服薬指導も行います。

高齢者はちょっとした気候の変化でも体調を崩しやすいので、 細やかな管理が必要となります。 食事が自力ではうまくとれない人もいますから、 その場合は食事の介助をすることも必要です。

また入居者の精神的なケアも看護師の仕事内容に含まれます。 健康に不安をかかえる高齢者が多いですから、健康を維持するためには どうしたら良いのかアドバイスをすることもあります。 また入居者から健康上の相談を持ちかけられたら、 分かりやすく回答して不安を解消してあげることもあるでしょう。

健康とは関係なくても、話し相手がほしくて看護師に話しかけて くることもあると思います。 入居者にとって人と会話をすることは良い気分転換になりますし、 健康を保つためにも役立ちますので、看護師も積極的に 会話の相手になってあげると良いでしょう。

老人ホームは日中のみの勤務が多く、看護師は夜勤がありません。 ですからプライベートと両立させたいなどの理由で夜勤を避けたい方も、 老人ホームなら働きやすいと言えるでしょう。

ただ、収入面を重視する方の場合は、夜勤手当てがない分 給与が下がってしまう傾向があるので気を付けてください。 また老人ホームは正社員ではなく派遣社員として募集していることが 多いので、あくまでも正社員を目指したい方は仕事が 見つけづらいかもしれません。

フィールドナースと病棟看護師の違い

フィールドナースは病院ではなく一般企業で働く看護師のことです。 看護師の資格は必要とされますが、病院等に勤務する看護師とは 仕事内容がかなり違います。 看護師としてよりも、会社員としての資質が求められます。

フィールドナースに憧れて就職したものの、想像していた環境と違ったり、 要求される仕事内容が病棟看護師とあまりに違って戸惑ったということも あるかもしれません。 あらかじめフィールドナースの仕事内容を把握しておくことで、 実際の仕事とのギャップは少なくなるでしょう。

病棟看護師の場合は医療スタッフと共に仕事をし、 患者さんと接する機会が多くなります。 業務内容も多岐にわたり、バイタルチェックをしたり 採血や点滴など、患者さんのケアを手際よく行っていきます。

フィールドナースの場合はビジネスマンと一緒に仕事をしますから、 電話応対や名刺交換、パソコンの扱いなどは ごく基礎的なスキルとして身につけていなければなりません。 病棟看護師とは仕事内容もかなり違うので、 ビジネススキルを身に付けるように特別に勉強をしないと 職場で恥ずかしい思いをすることになりかねません。

でもこうしたスキルは自分で学んだり、実際の現場で 少しずつ身につけていくことができるものですから、 あまり心配することはないでしょう。

またフィールドナースは勤務形態においても病棟看護師と かなり実情は異なります。 看護師に付き物の夜勤がありませんし、土日や祝日の勤務も まずありません。 予定が立てやすくなるので、プライベートを大切にしたい方には とても良い勤務形態だと思います。

夜勤が無いことで、給与が下がってしまうかもしれないと 心配される方もいらっしゃるかもしれません。 でもフィールドナースを募集するような企業は 大企業であることも多く、給与体系もしっかりしています。

夜勤などの手当てがない割に、給与は病棟看護師よりも 良い場合すらあるのです。 病棟看護師の仕事は激務であるとよく言われますから、 フィールドナースの方が落ち着いた環境で仕事ができ、 給与面でも恵まれているという見方もできます。